iPhone/iPad アプリの実機開発、その準備(証明書登録編)




PCを変えたり、リストアしたりするといつも困るのが、
この実機開発用の登録手順。
「ググれば」いろんなサイトの情報がヒットするがいまいち古かったり
自分の環境とは違ってたりするので、自分でも後から見返すためのメモとして記述しておく。

環境はOS X 10.8.2, Xcode 4.5.1、
Appleのサイトは、2012/10/20 時点のもので記載。
(Developer登録されていることが前提)

1. 証明書の作成

いまいちこの証明書の使われ方が分かってないが、登録に必要ということで作る。
[アプリケーション] – [ユーティリティ] – [キーチェーンアクセス]を起動して
下記のプルダウンメニューを選択する。

証明書アシスタントが起動するので
[ユーザのメールアドレス] に自分のメールアドレス
[通称] に名前を入れる。(これはdefaultで入っているはず。)
([CA]のメールアドレス] は空欄)
[ディスクに保存]、[鍵ペア情報を指定]のチェックボックスをチェックして[続ける]。

鍵ペア情報を選択する画面が出てくるが、そのまま変えずに[続ける]

デスクトップに[証明書要求]が作成されているはず。(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)

2. AppleのDeveloper Programに証明書要求を送信(登録)

iOS Dev Center にログインする。

[iOS Provisioning Portal] をクリックする。
(これが見つからずにハマった…)

[Certificates] の [Development] タブを開いて[Request Certificate] をクリックする。

最下段に[ファイルを選択] ボタンがあるので、1で作ったCertificateSigningRequest.certSigningRequestを選択し、[Submit] をクリックする。

しばらく待っていると、最初の[Development] タブに登録される。

(実際は、Nameも表示されている。)
右端の[Download]をクリックして、PCに保存する。

3. Macに証明書をインストール

Downloadした証明書をダブルクリックすると、[キーチェーンアクセス]が起動して
自動で証明書が登録される。